わし座の銀河星雲の独り言

Just another WordPress site

葉酸の適切な摂取は先天異常の発症リスクが抑えられる

葉酸の適切な摂取は先天異常の発症リスクが抑えられるという話があります。

ですが、様々な問題で毎日野菜を食べるのが難しい、という場合には納豆とかホタテにも、多くの葉酸が含まれていますので、野菜の代わりにそれらを食べることをお勧めします。

葉酸は様々な食品に含まれていますから、自分に合ったものから補給するようにしましょう。

今、妊娠の可能性がある方や、妊娠初期の方にご一読していただきたいのですが、ご家庭での普段通りの食事に加え、葉酸を補給することを厚生労働省によって勧告されています。

葉酸は様々な食材に含まれている栄養素ですが、理想的に摂取することによって、赤ちゃんの神経管閉鎖障害といった先天的な障害の発症リスクを低減してくれるとの報告があるのです。

葉酸は食品からの摂取以外にも、サプリメントを利用する事も出来ます。

その場合には赤ちゃんのためにも、自然なものを摂りいれたいという方も多いでしょう。

ですから天然素材の葉酸サプリメントにすることが忘れないようにしてください。

妊娠を望む方や妊娠初期の妊婦にとって、重要な栄養素の一つとされている葉酸や、女性の不妊に関係する成分である鉄分は、共に不足しやすいという共通点があります。

普段の食生活では十分な摂取が出来ない方が多いと言われていますから、栄養補助食品(サプリメントなど)を利用するのが良いでしょう。

最近は、こうした不足しがちな成分をすべて含有しているサプリが売っていますから、こうしたものを利用することで、不足しがちな栄養素を簡単に摂取できますから、安心です。

葉酸は様々な食品に含まれている天然の栄養素です。

青菜系の野菜に多く含まれている事が有名ですが、フルーツでは、イチゴが有名です。

あまり耳馴染みが無いかもしれませんが、ライチも葉酸の含有量が多いと知られていますね。

他の果物では、アセロラや柿、キウイフルーツもそうですね。

あるいは柑橘類も葉酸を多く含有しています。

葉酸摂取の手間を出来るだけ省きたいとお考えの方は、ジュースになったオレンジを飲むなどして葉酸を補ってもおススメです。

妊娠ひと月前から妊娠初期段階の妊婦において積極的な葉酸の摂取が求められています。

ママの体も赤ちゃんも、共に元気であるように、例えばサプリメントなどを活用しながら葉酸が不足しないように注意すると良いでしょう。

さて、厚生労働省による理想的な一日の摂取量ですが、1日あたり0.4mgとなっています。

さらに、毎日欠かさず摂取することが推奨されています。

 

ストレッチをすることで症状が悪化

腰痛の種類によっては、ストレッチをすることで、症状が悪化してしまう場合もあります。既に痛みがある人、腰痛の治療中の人は、専門医に相談してから、ストレッチを行ってくださいね。椎間板ヘルニアとは、頸椎から腰椎にかけての骨の間にある椎間板が、突き出てしまっている状態を言います。骨と骨の間にあり、クッションのような役割をもつ椎間板が、柔軟性を失い、はみ出してしまうことで神経を圧迫し、激しい痛みを引き起こしてしまう病気です。腰痛以外にも、下肢の痛みやしびれなどが症状として挙げられます。せきやくしゃみをしただけで、激しい痛みに襲われることもあります。長時間同じ姿勢で仕事をしていたり、猫背などで姿勢が悪いと、椎間板への圧力が大きくなり、背骨や腰骨への負担が高まって、椎間板ヘルニアになる危険性が増すのです。また、加齢も椎間板ヘルニアの原因となります。椎間板は、ほぼ水分のゼリー状の物質でできており、加齢とともにその量が減少していきます。椎間板が減少し、柔軟性を失っていくことにより、日常の動作が次第に負担となっていきます。骨そのものが老化し、弱くなっていると、軽い衝撃でも骨や椎間板が損傷してしまう恐れがあるでしょう。椎間板ヘルニアは、安静にしていることで多くの場合には改善すると言われていますが、一度なってしまうと再発する可能性が高いです。長時間立っていることができない人や椅子に長く座っていると辛い人、立ち上がるのが辛い人などは、日頃から充分に注意してください。椎間板ヘルニアは症状が悪化すると、腰の痛みや下半身のしびれだけでなく、排尿障害やインポテンツなど、様々な症状が起こります。おかしいと思った場合には、早めに専門医を受診しましょう。一般的に、腰痛がひどくなった場合には、整形外科を受診して、症状に合わせた治療を行うことが多いでしょう。でも、病院に通い続けても、なかなか腰痛が改善しないこともありますよね。それに、薬や手術などを避けて、整体や鍼、マッサージなどで腰痛を改善する人も少なくありません。ただ、もし、腰の痛みが激しかったり、慢性的に痛む時には、一度、整形外科を受診してみてください。整形外科では、問診・視診・触診などの検査を行い、症状によっては、レントゲンやCT、MRIなどの検査も行います。整形外科はどのような腰痛に対しても対応が可能ですし、整体や鍼では骨の変形や腫瘍、関節のゆがみなどの判断ができないことも多いでしょう。それに、腰痛の原因が内臓の病気だったというケースもあります。また、整形外科は保険が適用されますので、経済的負担も少なくなります。
整体では、骨や関節の矯正をしてくれます。背骨や骨盤のゆがみを矯正し、体のバランスを整えていくことで、腰痛を軽減させるのです。ただ、整体での治療には即効性がなく、定期的に通う必要があります。さらに、整体では、医療行為をすることができません。万が一、手術が必要な腰痛の場合であっても、発見が遅れてしまうこともあるので、くれぐれも注意が必要です。

軽い衝撃でも骨や椎間板が損傷

誰もが一度は腰痛を経験したことがあると思いますが、腰痛になる原因は人によって様々です。ほとんどの場合には、なんらかの理由で、腰の筋肉に負担がかかり、その負荷に耐えられなくなった筋肉が炎症を起こし、腰が痛くなります。日常生活を送る中で、姿勢が悪い人や同じ作業を繰り返して行っている人は、前かがみになったり、直立した姿勢を続けていることで、腰の筋肉に大きなは負担をかけ、腰痛を引き起こすことが多いです。また、重たい荷物をもつなど、腰に強い負荷がかかる動作を行ったり、運動不足や加齢などにより腰の筋肉が衰えている人も、腰痛を起こしやすいと言えます。他にも、内臓の疾患や精神的なストレスが原因で、腰痛が起こることもあります。ただ、やはり、腰痛になる原因として多いのは、腰の筋肉の疲労です。普通に立ったり、歩いたりするだけでも、腰に大きな負担をかけている状態なのですが、さらに、不自然な姿勢をとり続けることで、筋肉を疲労させてしまいます。この筋肉の疲れが蓄積されて限界になると、腰痛が起こるのです。それに、筋肉疲労だけでなく、無理な姿勢を続けることで起こる骨盤のゆがみも関係しています。骨盤は全身を支える大切な骨です。骨盤がゆがんでしまうことで体の重心がずれてしまい、筋肉への負担はますます大きくなってしまいます。特に女性は、妊娠や出産などでホルモンバランスが大きく変化するので、腰痛を発症しやすいと言われています。冷え性などで血行が悪い人も、筋肉疲労が起こりやすいため、腰痛になりやすくなります。悪い姿勢を長く続けて筋肉の疲労が積み重なったり、冷え性などで血行が悪くなることで、腰の筋肉が緊張し、腰の痛みが増してしまうでしょう。長く同じ姿勢でいることで、体の筋肉が緊張して、腰痛を引き起こしてしまいます。腰痛を改善するには、体の筋肉を引っ張って伸ばすために、ストレッチをするのが効果的です。腰痛改善ストレッチには、仕事の合間に行える簡単なものから、自宅でじっくりと行えるものまで、様々なやり方があります。ストレッチを行うことで、緊張した筋肉をほぐし、血液循環を良くします。ストレッチは腰痛の改善のほかにも、腰痛予防としても効果的でしょう。職場などで長時間椅子に座りっぱなしの人は、休憩中などの空いた時間に、椅子に座ったまま腰に手を当てて、体をゆっくりと左右にねじる、前に倒すなどの簡単なストレッチを行うだけでも効果があります。自宅では、仰向けになって、両手で両膝をかかえてゆっくり元にもどしたり、腰から下の部分をひねったりするストレッチがおすすめです。余裕がある人は、腰回りの筋肉だけでなく、背中や腿などのストレッチも合わせて行うとさらに効果的です。ストレッチをする際は、決して無理をせずに自分のペースで行い、痛みのあるとき以外は、毎日継続して行いましょう。反動をつけたり、無理に伸ばすなどの行為は避け、痛みがひどくなる場合は、すぐに中止してください。

 

整体では骨や関節の矯正

整体では、骨や関節の矯正をしてくれます。背骨や骨盤のゆがみを矯正し、体のバランスを整えていくことで、腰痛を軽減させるのです。ただ、整体での治療には即効性がなく、定期的に通う必要があります。さらに、整体では、医療行為をすることができません。万が一、手術が必要な腰痛の場合であっても、発見が遅れてしまうこともあるので、くれぐれも注意が必要です。鍼治療は、体のツボを鍼で刺激し、人間が本来もつ自然治癒能力を引き出して腰痛を和らげます。国家資格ではありますが、医療行為ではなく、あくまでも体質を改善することが目的の治療方法です。鍼治療は医師の同意書があれば保険を適用することも可能ですが、鍼治療を受けている期間は病院での治療が受けられないという難点があります。整体や鍼は、整形外科で検査しても異常がみられなかった場合、もしくは、筋肉疲労による慢性的な腰痛の時に受診するのがおすすめです。誰もが一度は腰痛を経験したことがあると思いますが、腰痛になる原因は人によって様々です。ほとんどの場合には、なんらかの理由で、腰の筋肉に負担がかかり、その負荷に耐えられなくなった筋肉が炎症を起こし、腰が痛くなります。日常生活を送る中で、姿勢が悪い人や同じ作業を繰り返して行っている人は、前かがみになったり、直立した姿勢を続けていることで、腰の筋肉に大きなは負担をかけ、腰痛を引き起こすことが多いです。また、重たい荷物をもつなど、腰に強い負荷がかかる動作を行ったり、運動不足や加齢などにより腰の筋肉が衰えている人も、腰痛を起こしやすいと言えます。他にも、内臓の疾患や精神的なストレスが原因で、腰痛が起こることもあります。ただ、やはり、腰痛になる原因として多いのは、腰の筋肉の疲労です。普通に立ったり、歩いたりするだけでも、腰に大きな負担をかけている状態なのですが、さらに、不自然な姿勢をとり続けることで、筋肉を疲労させてしまいます。この筋肉の疲れが蓄積されて限界になると、腰痛が起こるのです。それに、筋肉疲労だけでなく、無理な姿勢を続けることで起こる骨盤のゆがみも関係しています。骨盤は全身を支える大切な骨です。骨盤がゆがんでしまうことで体の重心がずれてしまい、筋肉への負担はますます大きくなってしまいます。特に女性は、妊娠や出産などでホルモンバランスが大きく変化するので、腰痛を発症しやすいと言われています。冷え性などで血行が悪い人も、筋肉疲労が起こりやすいため、腰痛になりやすくなります。悪い姿勢を長く続けて筋肉の疲労が積み重なったり、冷え性などで血行が悪くなることで、腰の筋肉が緊張し、腰の痛みが増してしまうでしょう。つらい腰痛を和らげるグッズとしておすすめなのは、腰痛用のコルセットやベルトなどです。コルセットやベルトは、腰痛を治してくれるものではなく、痛みを和らげてくれるサポート的な役割で使用します。腰痛のときに、体を支える筋肉に働きかけ、痛みの出る姿勢をとらないように補助してくれるのです。コルセットやベルトを使用しているだけで、何もしていない状態よりは確実に腰痛が楽になるでしょう。コルセットは、使用すると腰をしっかり固定してくれる道具で、痛みを和らげてくれます。医療用となっており、比較的痛みが強い場合に使用することが多いです。ただ、圧迫する力が強いので、ある程度痛みが治まったら、コルセットの使用は控えてください。整形外科などを受診すると、手に入れることができます。ベルトであれば、腰痛ベルトや骨盤ベルトとして、ドラッグストアなどで簡単に手に入れることができるはずです。簡単に入手できることから、腰痛を和らげるグッズとしては、コルセットよりもベルトの人気が高くなっています。腰痛ベルトには、素材や形状、電気が流れるものなど、様々な種類があります。自分の体型や腰痛の症状に合ったベルトを選びましょう。腰からずれないこと、日常生活の動作を妨げないことが、選ぶ際のポイントです。また、夏場には蒸れないように、メッシュタイプのベルトを選ぶといいですね。他にも、腰を温めて血行を良くする保温グッズ、入浴剤、マッサージ器など、腰痛を和らげるグッズはたくさんあります。

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアは症状が悪化すると、腰の痛みや下半身のしびれだけでなく、排尿障害やインポテンツなど、様々な症状が起こります。おかしいと思った場合には、早めに専門医を受診しましょう。長時間同じ姿勢で座っていると腰痛になりやすいため、運転手さんやデスクワークをしている人は腰痛対策が必要です。同じ姿勢でいることで、腰周りの筋肉に負担がかかり、腰痛を引き起こしてしまいます。椅子に座れば腰痛が楽になると思われがちですが、逆に、背中が丸まってしまうことなどから、立っているときよりも腰への負担は大きくなります。どんなに意識して姿勢を良くしようとしていても、座っている椅子の高さ・形・素材などにより、知らず知らずのうちに姿勢が崩れて、腰痛を引き起こしてしまうことも少なくありません。腰痛用の椅子は、座っている時でも、直立に近い姿勢を保つことで、腰への負担を減らすことが可能になります。また、座っている状態から立ち上がる時にも、腰を曲げる必要がない構造になっている為、腰への負担を軽減できるのも、大きな特徴の一つです。腰痛用の椅子には、低反発素材を使用したもの、マッサージ機能が備わっているもの、骨盤のゆがみを矯正してくれるものなど、たくさんの種類があります。腰痛用の椅子を選ぶポイントとしては、椎間板にかかる圧力や背中の筋肉への負担を軽減するために、背もたれが後ろに傾くタイプのもの、腰の部分が曲線になっていて、腰回りをサポートしてくれるもの、座面の素材が柔らかすぎないもの、長時間同じ姿勢にならないように、座幅の広いものを選ぶと良いでしょう。また、高さの調節ができる肘掛があると便利です。腰痛用の椅子の中で、ダントツの人気を誇るのが、座椅子タイプになります。腰痛用座いすは、角度調節ができるものが多く、自分に最適な角度を見つけることが可能です。自分に合った角度に調節することで、椅子と体に隙間がなくなり、腰痛が楽になるでしょう一般的に、腰痛がひどくなった場合には、整形外科を受診して、症状に合わせた治療を行うことが多いでしょう。でも、病院に通い続けても、なかなか腰痛が改善しないこともありますよね。それに、薬や手術などを避けて、整体や鍼、マッサージなどで腰痛を改善する人も少なくありません。ただ、もし、腰の痛みが激しかったり、慢性的に痛む時には、一度、整形外科を受診してみてください。
整形外科では、問診・視診・触診などの検査を行い、症状によっては、レントゲンやCT、MRIなどの検査も行います。整形外科はどのような腰痛に対しても対応が可能ですし、整体や鍼では骨の変形や腫瘍、関節のゆがみなどの判断ができないことも多いでしょう。それに、腰痛の原因が内臓の病気だったというケースもあります。また、整形外科は保険が適用されますので、経済的負担も少なくなります。

ストレッチは腰痛の改善

長く同じ姿勢でいることで、体の筋肉が緊張して、腰痛を引き起こしてしまいます。腰痛を改善するには、体の筋肉を引っ張って伸ばすために、ストレッチをするのが効果的です。腰痛改善ストレッチには、仕事の合間に行える簡単なものから、自宅でじっくりと行えるものまで、様々なやり方があります。ストレッチを行うことで、緊張した筋肉をほぐし、血液循環を良くします。ストレッチは腰痛の改善のほかにも、腰痛予防としても効果的でしょう。職場などで長時間椅子に座りっぱなしの人は、休憩中などの空いた時間に、椅子に座ったまま腰に手を当てて、体をゆっくりと左右にねじる、前に倒すなどの簡単なストレッチを行うだけでも効果があります。自宅では、仰向けになって、両手で両膝をかかえてゆっくり元にもどしたり、腰から下の部分をひねったりするストレッチがおすすめです。余裕がある人は、腰回りの筋肉だけでなく、背中や腿などのストレッチも合わせて行うとさらに効果的です。ストレッチをする際は、決して無理をせずに自分のペースで行い、痛みのあるとき以外は、毎日継続して行いましょう。反動をつけたり、無理に伸ばすなどの行為は避け、痛みがひどくなる場合は、すぐに中止してください。腰痛の種類によっては、ストレッチをすることで、症状が悪化してしまう場合もあります。既に痛みがある人、腰痛の治療中の人は、専門医に相談してから、ストレッチを行ってくださいね。椎間板ヘルニアとは、頸椎から腰椎にかけての骨の間にある椎間板が、突き出てしまっている状態を言います。骨と骨の間にあり、クッションのような役割をもつ椎間板が、柔軟性を失い、はみ出してしまうことで神経を圧迫し、激しい痛みを引き起こしてしまう病気です。腰痛以外にも、下肢の痛みやしびれなどが症状として挙げられます。せきやくしゃみをしただけで、激しい痛みに襲われることもあります。長時間同じ姿勢で仕事をしていたり、猫背などで姿勢が悪いと、椎間板への圧力が大きくなり、背骨や腰骨への負担が高まって、椎間板ヘルニアになる危険性が増すのです。また、加齢も椎間板ヘルニアの原因となります。椎間板は、ほぼ水分のゼリー状の物質でできており、加齢とともにその量が減少していきます。椎間板が減少し、柔軟性を失っていくことにより、日常の動作が次第に負担となっていきます。骨そのものが老化し、弱くなっていると、軽い衝撃でも骨や椎間板が損傷してしまう恐れがあるでしょう。椎間板ヘルニアは、安静にしていることで多くの場合には改善すると言われていますが、一度なってしまうと再発する可能性が高いです。長時間立っていることができない人や椅子に長く座っていると辛い人、立ち上がるのが辛い人などは、日頃から充分に注意してください。

ハゲからの生還する育毛方法

1.血行を良くするためのこと
これから、 毎日水を飲んでください。水道水ではなく、ミネラルウォーターか浄水した水です。
お茶、ウーロン茶ではだめです。血液をサラサラにしたいので、お茶などは利尿作用があるため、その効果が見込めません。麦茶でもよいです。 1 日 1 リットル~1 日 2 リットルは飲んでください。 トイレは近くなりますが、ジャンジャンしてください。からだには少しでも新しいものを入れていった方がいいですし、古いものはどんどん出してください。ちなみに私は浄水した水かミネラルウォーターをよく飲みました。お湯でもいいですし、糖分がそんなに無ければ、何かで味付けをしても構いません。
(2)脂ものを控える
特に男性は歳を重ねていくと、脂臭くなっていますね。
よくオヤジ臭いとか、オヤジのニオイがするとかいいますけど、実際に歳をとっていくと体質が変わるらしいです。男性ホルモンによる影響があるらしいですけど。 わたしも抜け毛が酷くなった頃から、なんとなく自分が脂臭くなった気がしましたし、なんだか自分のニオイが気になるようになりました。 脂ものはそれがもろに影響します。 特に外食は控えましょう。なんせ脂ものが多いですから。 男性の場合、朝食をとらずにお昼に牛丼や、炒め物など、脂ものを取る機会が多いですよね。
これからなるべく 毎日朝食をとってください これだけでだいぶ違います。
朝食をとらないと、脂を吸収いやすいのです。
どうしても朝食を食べない方は、野菜ジュースを飲むだけでも、だいぶ変わってきます。
昼に脂ものを食べる場合は、当たり前ですが野菜を食べたほうがいいです。
皆さんご存知の通り、韓国人が焼肉を頻繁に食べても、太ったり不健康にならないのは、必ず肉と一緒に野菜を食べる習慣があるからです。 キムチも脂肪を燃やす効果があるのでなお良いのです。
焼き肉屋さんに行ったら、サンチュとキムチをお忘れなく。肉をサンチュで巻くと、いくら食べてもなかなか気持ち悪くならないのはそのためです。

若ハゲ対策  

若ハゲ対策についてお話しします。
あなたはいま何歳ですか?
シャンプー後の抜け毛が気になる、朝起きた時の枕に髪の毛が落ちている、などなど、不安でたまらないでしょう。
また、親がハゲてると、どうせ私もハゲてしまうんだろう、と、はなからあきらめていませんか?
若いうちから、ちゃんと予防しておけば、ハゲの進行を食い止めることができるのです。 ところで、あなたは、高い育毛剤を買おうとおもったことがありますか? 高い育毛剤に頼らなくても、抜け毛を防げる方法があるのです。
それは 「シャンプーのしかた」 です。
「はあ?シャンプーのしかた?なんじゃそりゃ」 と思ったかもしれません。
でも、正しいシャンプー法を知ってる男性ってほとんどいないんですよ。
あなたは、シャンプーするときに、原液のまま頭皮にかけていませんか? 「それがなにか?」 いや、シャンプーというのは、体にとっては異物です。
異物を直接、頭皮にかけたら、毛乳頭にダメージを与えてしまいます。 「じゃあどうすればいいの?」
はい、お教えします。それはシャンプーの原液と同量のお湯で割ってから 頭にかけるのです。
「そんなんで効果あるのかな」 と考えた方も多いと思います。
これは大事なことです。 毛乳頭にダメージを与えないで、指の腹でこするようにシャンプーします。
決してひっかいたりしてはいけません。

ハゲは生活習慣病?

人はなぜハゲるのでしょう。 人間には約 10 万本の髪の毛があるといわれています。
髪の毛は毛穴からはえているのですが、 その毛穴の数は一生を通してかわることはないのです。
髪の毛は、毛乳頭というところから生えています。
毛乳頭の細胞サイクルは、約 5 年をかけて成長し、 その後数か月の休止期を経て、また同じ毛穴から 髪の毛が生えてくるのです。 ですから同じ髪型をしていたとしても、その髪の毛は 5 年で入れ替わっていることになります。
その毛乳頭の細胞の働きが止まってしまうのが ハゲということになります。 ハゲの原因のひとつに、血行障害があげられます。 毛乳頭周辺の血行が悪くなると、毛に栄養が送られなくなります。。
現代の食生活や、生活リズムによる血行障害もあります。 それだけではありません。
ストレスにより、頭皮の血行を悪くなることが、脱毛症の原因と考えられて います。
これは、市販されている育毛剤の大部分が血行改善を触れ込みとしていること からもわかります。
そのほかに、遺伝という説があります。
ただ、これも正しい育毛対策をとっておけばふせげるのです。
また、喫煙、飲酒などが原因といわれることもあります。 大酒のみでタバコも吸うのがハゲの特徴だというイメージがあります。
これは、一日に日本酒なら一合、ビールまでなら一本までの 量を超えて飲むと、内蔵の疲れから血液のレベルを下げ、 髪にもよくないそうです。
タバコも同様で、血管を収縮させ、毛細血管の血流を減少させます。
しかし、酒飲みや喫煙者が、必ずハゲるのかというと、かならずしも そうではありません。
ヘビースモーカーや大酒飲みでもハゲていない方は いらっしゃいますよね? ですので、お酒やタバコもいますぐ止める必要はありません。 また、人は必ずハゲるという説もあります。
ハゲてから死ぬか、死ぬまでハゲないかの違いだそうです。

黒酢を飲んで発毛は促進されるか

髪の毛の成分でもあるタンパク質は、20種類のアミノ酸が組み合わさって出来ています。
私たち人間は毎日新陳代謝を行っており、体の老廃物を体の外に出し、かわりに新しいタンパク質を作り出しているのです。そして、タンパク質を作りだすためにはアミノ酸をつねに補充しなくてはならいのです。
この重要なアミノ酸、特に体内で生成できない必須アミノ酸は、黒酢を飲むことにより補うことができるのです。
また、黒酢は疲労物質の乳酸を分解するため、疲労解消にも役立ち、免疫機能も向上させるのです。
さらにコレステロールや中性脂肪、血糖値も下げ、血液をサラサラにし血管を柔軟にする作用もあります。
つまり、髪の毛の毛根細胞の毛細血管にサラサラに血液を流し、髪の毛に栄養を与えることができるため、 発毛、育毛、増毛につながるのです。
また、アミノ酸はすべての人間のエネルギー活動の元となるものですから、健康な体を作るには、まずは、毎朝、寝起きに1杯の黒酢を飲んで下さい。
最初はなんとも言えない酸っぱさですが、慣れてくると結構いけるものです。
髪の毛によいだけでなく、健康全般によいのですから、一石三鳥以上ではないでしょうか。
もうひとつ試してほしいのが、黒酢スプレーです。
市販の黒酢を5倍以上に水で薄め、100円ショップで売っているスプレーに入れ、 朝晩2回、吹きつけてみてください。
毛根だけでなく、頭皮にも好影響を与えるはずですから。