葉酸はダウン症予防の観点から見ても効果があります

葉酸は野菜に多く含まれた成分ですが、食事だけで十分かというとあまり現実的ではありません。

ですからサプリを活用してみるのが良いと思います。

妊婦さんにとって葉酸が大切だという話を耳にすることが増えてきました。

葉酸は胎児の健やかな成長を促すために最も大切な成分ですが、もしも、葉酸を適切に摂取しきれなかったとすると、胎児にどのような影響があると思いますか?実は、葉酸には細胞分裂を促すという働きがあります。

そのため、これが赤ちゃんに不足してしまうと、神経管閉鎖障害などの先天的な障害を負う要因の一つになるという研究結果が報告されました。

こうした効果以外にも、ダウン症予防の観点から見ても効果がありますから、是非、葉酸の摂取を心がけてください。

胎児や母体にとって、必要な栄養素の一つとして「葉酸」が知られるようになってきました。

葉酸は、ビタミンのひとつです。

その効果は定期的な摂取の結果、赤ちゃんが神経系障害を発症する可能性が下がるという事が明らかになっています。

この効果について正式に発表を行った厚生労働省によると、0.4mg(1日当たり)を推奨値と定めました。

胎児が健康的に成長するためにも、妊娠中に限らず、妊娠を計画している方や希望している方も、是非、葉酸を意識して摂取してみてくださいね。

妊娠前から妊娠3ヶ月の妊娠初期において、葉酸の摂取が重要であると厚生労働省が発表しています。

ところで、妊娠中期や後期の女性には、こうした摂取が要らないのかと言うと、それは違います。

お腹の中の赤ちゃんに対して、先天的な異常が発症してしまう確率を低減してくれるという話では、妊娠3ヶ月までの期間が最も注意する期間ですから、妊娠期間中のなかでも、特に妊娠初期の段階での葉酸摂取を意識しようという事なのです。

葉酸とは野菜などに含まれているビタミンBのひとつで、ほうれん草あるいはブロッコリーなどに含まれている事で有名ですね。

葉酸は、特に妊娠初期の妊婦にとって欠かせない栄養分で、流産や赤ちゃんの先天異常といったリスクを下げてくれるとの研究成果が出ています。

理想的な葉酸の摂取量について、厚生労働省が発表したところによると、受胎前から妊娠初期の方には葉酸の摂取を1日に400μg摂ることを勧告しています。

手軽に摂るならば葉酸のサプリメントで不足分を補給しても良い選択だと思います。

赤ちゃんを授かっている時はもちろん、受胎した時に、十分な摂取が必要である葉酸ですが、つい忘れてしまったりして十分に摂取できないという悩みも出てくることもありますよね。

こうした摂取不足に関する悩みは多くの方が抱えていますが、簡単な解決方法があります。

それがサプリです。

サプリを飲めば、食生活に負担をかけることなく理想的な葉酸量を補ってくれますので、普段の食事で十分に摂取できているのか不安な方も安心です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です