葉酸の適切な摂取は先天異常の発症リスクが抑えられる

葉酸の適切な摂取は先天異常の発症リスクが抑えられるという話があります。

ですが、様々な問題で毎日野菜を食べるのが難しい、という場合には納豆とかホタテにも、多くの葉酸が含まれていますので、野菜の代わりにそれらを食べることをお勧めします。

葉酸は様々な食品に含まれていますから、自分に合ったものから補給するようにしましょう。

今、妊娠の可能性がある方や、妊娠初期の方にご一読していただきたいのですが、ご家庭での普段通りの食事に加え、葉酸を補給することを厚生労働省によって勧告されています。

葉酸は様々な食材に含まれている栄養素ですが、理想的に摂取することによって、赤ちゃんの神経管閉鎖障害といった先天的な障害の発症リスクを低減してくれるとの報告があるのです。

葉酸は食品からの摂取以外にも、サプリメントを利用する事も出来ます。

その場合には赤ちゃんのためにも、自然なものを摂りいれたいという方も多いでしょう。

ですから天然素材の葉酸サプリメントにすることが忘れないようにしてください。

妊娠を望む方や妊娠初期の妊婦にとって、重要な栄養素の一つとされている葉酸や、女性の不妊に関係する成分である鉄分は、共に不足しやすいという共通点があります。

普段の食生活では十分な摂取が出来ない方が多いと言われていますから、栄養補助食品(サプリメントなど)を利用するのが良いでしょう。

最近は、こうした不足しがちな成分をすべて含有しているサプリが売っていますから、こうしたものを利用することで、不足しがちな栄養素を簡単に摂取できますから、安心です。

葉酸は様々な食品に含まれている天然の栄養素です。

青菜系の野菜に多く含まれている事が有名ですが、フルーツでは、イチゴが有名です。

あまり耳馴染みが無いかもしれませんが、ライチも葉酸の含有量が多いと知られていますね。

他の果物では、アセロラや柿、キウイフルーツもそうですね。

あるいは柑橘類も葉酸を多く含有しています。

葉酸摂取の手間を出来るだけ省きたいとお考えの方は、ジュースになったオレンジを飲むなどして葉酸を補ってもおススメです。

妊娠ひと月前から妊娠初期段階の妊婦において積極的な葉酸の摂取が求められています。

ママの体も赤ちゃんも、共に元気であるように、例えばサプリメントなどを活用しながら葉酸が不足しないように注意すると良いでしょう。

さて、厚生労働省による理想的な一日の摂取量ですが、1日あたり0.4mgとなっています。

さらに、毎日欠かさず摂取することが推奨されています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です