葉酸のサプリメントや補助食品

妊婦さんにとってなじみの深い葉酸は、摂取することでお腹の中の赤ちゃんに葉酸が働きかけることで、先天性神経管異常の発症リスクが減少することが判明しました。

このような研究結果から、妊婦が葉酸を積極的に摂ることを厚生省が勧告しているのです。

例えば葉酸のサプリメントや補助食品も多く売られていますし、そのうちトクホ(特定保健用食品)に指定され、妊婦に特に利用されているといったことも少なくありません。

熱によって失われやすい葉酸は、食事から葉酸を摂取しようとする場合、食材の調理方法にポイントがあります。

葉酸摂取を目的とした食事には、なるべく加熱せずに食べられるメニューを選ぶのが良いでしょう。

とはいえ、生食だけの食事は現実的ではありません。

加熱が必要な食材やメニューの場合、長時間の加熱は避けて、サッと熱を通すくらいの調理にすれば、葉酸も摂れるかと思います。

こうした調理や食事が負担だと考える方は、サプリによる葉酸摂取が確実に補給出来るという点において、最も優れた摂取方法だと言えますね。

葉酸の摂取について、最も理想的なのは日常の食生活の中で摂取出来るのが良いと思います。

葉酸が多く含まれている食品を挙げてみますと、モロヘイヤに含有量が多い事は有名ですし、菜の花や小松菜などにも多く含まれています。

あるいは納豆や枝豆などの大豆製品、ホタテなどの貝類も該当します。

とはいえ、毎日の食事でこれらを欠かさず摂取するのが困難な方も多いと思います。

普段の生活や体調によっては無理をせずに、サプリを飲むことも間違いではありません。

サプリによる葉酸の吸収率と体内利用率は、食事で得るものよりも効率が良いと言われていますし、サプリであれば毎日の摂取が負担にならずに摂取できます。

葉酸も、摂りすぎてしまうと副作用が出てしまいます。

例えば寝つきが悪くなったり早くに目が覚めてしまうといった不眠症の症状や、食欲不振や吐き気などの内臓疾患、あるいはむくみなどです。

特に妊娠初期の方は、体調や栄養を気になさると思いますが、かえって過剰に葉酸を取ろうとしてしまいます。

そうした過剰摂取は副作用を発症する危険がありますから、推奨される葉酸の摂取量を守るようにしましょう。

理想としては、1日3食の食事で葉酸を十分に摂取する事です。

しかし、毎食大量の野菜を食べ、その摂取量を考えるのも大変ですよね。

サプリを利用すれば、一日に葉酸をどれだけ摂っているのか一目瞭然ですので、食生活を変える手間なく、しっかりと葉酸を摂取量したいという方には是非試してもらいたいですね。

妊婦にとって、葉酸摂取による効果はさまざまなものがあります。

中でも特に葉酸の十分な摂取によって、赤ちゃんの先天的脳障害発症のリスクが低減する点は重要な効果です。

ですから、妊娠を計画をしている方は、葉酸を十分に摂ることが良いと思います。

例えば、葉酸のサプリならば摂取が難しくないですから良い方法ではないでしょうか。

妊娠をきっかけに病院や産婦人科などの専門的な栄養指導を学んだり、母親学級で指導された方も多いと思います。

多くの方が、そうした機会に、葉酸の働きと葉酸を多く含んだ食品を学ぶと思います。

レバーは、葉酸を多く含んだ食べ物の代表格です。

もちろん、野菜も代表的な食品の一つです。

実際に食材から葉酸を摂取しようと考えた場合、いくつかの注意点があります。

葉酸は加熱によってその大半が失われてしまうという葉酸の特性を承知の上で、葉酸の摂取量を考えていただけたらと思います。

葉酸には妊婦にとって多くの効果が期待できますが、妊娠が発覚してから葉酸を積極的に摂取し始めた、という妊婦さんのお話をよく耳にします。

それでは、この葉酸をいつまで摂取するのが正解なのでしょうか。

例えば、赤ちゃんのためだけに葉酸を摂取している方は、妊娠している間に絞って摂取をするという方法でも問題ないでしょう。

しかし、葉酸が担う働きは妊娠中に限ったものではなく、それ以外でも身体のバランスを整えてくれるなどの効果が期待されていますから、葉酸の摂取を続けることで健康の手助けとなってくれますから、ぜひ出産後も葉酸の摂取を続けましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です