毛根と育毛の関係 

脱毛をしてしまいいった薄毛や、ハゲの状態になった場合に、これには原因があるはずですから、対処できうる原因を解消しさえすれば育毛になり、必ず新しい髪が生えてくるかといえば、 残念ながら髪が生えてこないケースもあります。
例えば過激なダイエットによる栄養失調が原因の脱毛の場合、 それまで栄養失調状態であったのだから、その改善策として栄養をきちんと補給しても、再び髪が回復する保証はありません。
さらに、男性ホルモンなどが原因で進行した脱毛の場合は、髪の回復はもっと難しい場合もあります。  その理由は、毛根の仮死状態です。毛根が完全に死んでしまったわけではないのですが、 脱毛症になると、毛乳頭が完全に萎縮して、次の髪を生やす準備ができなくなってしまいます。
これを「毛根の仮死状態」といい、こうなってしまうと、自力で発毛するのが非常に困難になります。 その仮死状態にある毛根の周辺の毛母細胞を活性化させることができれば、発毛を促進することはかのうかもしれませんが、 単に栄養を補給するなど原因を改善したぐらいではめったに生えてきません。
毛根が仮死状態となった以上は、現実に生えてくる例は非常にまれだからです。 毛根がすでに仮死状態に至った場合は、体質や食事、ヘアケアや生活習慣などの改善だけでは脱毛は治りません。 毛根周辺の細胞に外側から刺激を与え、毛根を活性化させ、毛根の仮死状態から復活させる、 つまり毛根の活性化をすることができれば、髪が再び生えてくる可能性は高くなります。 もともと人間には自然治癒力が備わっています。 もともと生えていた髪がなくなったのであれば、脱毛の原因が毛根の仮死状態にあるのなら、 毛根の活性化についても自然治癒力を使うことができるはずです。
自然治癒力を使うといっても自力ではなかなか難しいところがありますから、やはり専門家に相談するのが一番いいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です