椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアは症状が悪化すると、腰の痛みや下半身のしびれだけでなく、排尿障害やインポテンツなど、様々な症状が起こります。おかしいと思った場合には、早めに専門医を受診しましょう。長時間同じ姿勢で座っていると腰痛になりやすいため、運転手さんやデスクワークをしている人は腰痛対策が必要です。同じ姿勢でいることで、腰周りの筋肉に負担がかかり、腰痛を引き起こしてしまいます。椅子に座れば腰痛が楽になると思われがちですが、逆に、背中が丸まってしまうことなどから、立っているときよりも腰への負担は大きくなります。どんなに意識して姿勢を良くしようとしていても、座っている椅子の高さ・形・素材などにより、知らず知らずのうちに姿勢が崩れて、腰痛を引き起こしてしまうことも少なくありません。腰痛用の椅子は、座っている時でも、直立に近い姿勢を保つことで、腰への負担を減らすことが可能になります。また、座っている状態から立ち上がる時にも、腰を曲げる必要がない構造になっている為、腰への負担を軽減できるのも、大きな特徴の一つです。腰痛用の椅子には、低反発素材を使用したもの、マッサージ機能が備わっているもの、骨盤のゆがみを矯正してくれるものなど、たくさんの種類があります。腰痛用の椅子を選ぶポイントとしては、椎間板にかかる圧力や背中の筋肉への負担を軽減するために、背もたれが後ろに傾くタイプのもの、腰の部分が曲線になっていて、腰回りをサポートしてくれるもの、座面の素材が柔らかすぎないもの、長時間同じ姿勢にならないように、座幅の広いものを選ぶと良いでしょう。また、高さの調節ができる肘掛があると便利です。腰痛用の椅子の中で、ダントツの人気を誇るのが、座椅子タイプになります。腰痛用座いすは、角度調節ができるものが多く、自分に最適な角度を見つけることが可能です。自分に合った角度に調節することで、椅子と体に隙間がなくなり、腰痛が楽になるでしょう一般的に、腰痛がひどくなった場合には、整形外科を受診して、症状に合わせた治療を行うことが多いでしょう。でも、病院に通い続けても、なかなか腰痛が改善しないこともありますよね。それに、薬や手術などを避けて、整体や鍼、マッサージなどで腰痛を改善する人も少なくありません。ただ、もし、腰の痛みが激しかったり、慢性的に痛む時には、一度、整形外科を受診してみてください。
整形外科では、問診・視診・触診などの検査を行い、症状によっては、レントゲンやCT、MRIなどの検査も行います。整形外科はどのような腰痛に対しても対応が可能ですし、整体や鍼では骨の変形や腫瘍、関節のゆがみなどの判断ができないことも多いでしょう。それに、腰痛の原因が内臓の病気だったというケースもあります。また、整形外科は保険が適用されますので、経済的負担も少なくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です