埋没毛(まいぼつもう)について

無理な脱毛をしたことにより埋没毛になってしまう方が多いそうです。
今回は脱毛処理時に起こりやすいトラブルのひとつである埋没毛について考えてみました。
埋没毛とは毛を剃ったり抜いたりした時に何らかの原因で毛穴が塞がってしまい、皮膚の中で毛が発毛してしまうことをいうようです。
埋没毛になる原因は、おもに、毛抜きなどで毛を抜くときに毛根から抜けず途中で切れてしまった場合や、毛根から抜き取ったが、毛穴が塞がった後に毛が再生した場合に毛がそのまま皮膚の中で成長してしまうことが多いそうです。
また毛穴周辺の皮膚が炎症を起こし、その回復とともに毛穴がふさがってしまい、中の毛が皮膚の表面に出てこれなくなってしまうことなどがあるそうです。
埋没毛になってしまったら埋没毛は毛の発育が止まるまで放っておくと、ほとんどの場合は自然に分解され排泄されるようですが、異物反応による炎症を起こしてしまうケースもあるようです。
炎症を起こした場合は、皮膚科で診察してもらうようにしたほうがいいみたいです。
またあまりおすすめできませんが、自分で処理する場合は、よく消毒された針を用いて患部もよく消毒し、皮膚に消毒した針で穴をあけ、その穴から毛を出してあげるればよいそうです。
消毒を怠ると毛膿炎などの2次的なトラブルにもなり得ますので注意してください。
埋没毛を作らないためには埋没毛の主な原因は、無理なムダ毛の脱毛処理によってなってしまうため、脱毛はエステや医療機関などのレーザー脱毛がお薦めだそうです。
どうしても自分でムダ毛の脱毛処理を行う場合は、脱毛クリームで行うのがよいとのことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です