ムダ毛処理ニードル脱毛について

ニードルとは針という意味ですが、細い針を毛穴の一つ一つに差し込み、差し込んだ針に弱い電気、あるいは高周波を流すことで毛根部を破壊し、以後の毛の再生を妨害するという方法です。
使用される針は、絶緑針のようにコーティング加工はされておらず、その代わり金属アレルギーを防ぐため、チタンやゴールドで加工が施されています。
しかし、何といっても直接針が、肌に差し込まれるわけですから施術中の痛みがそうとう強いということです。
エステなどでもこのニードル脱毛をしているところがありますが、医療機関でないところでは、麻酔を使っての施術はできませんから痛みがかなりつよいということです。
以前はかなり多くのエステや、クリニックでもこの方法が行われていましたが、最近は痛みが嫌だということから、ほとんどなくなってしまいましたね。
しかし、この方法は施術を行うオペレーターの技術によって大きく変わるそうですが、ニードル(針)を用いてのムダ毛治療は永久性が高く、一度ニードル(針)を用いて治療した毛根から毛が生えてくることはまず無いようです。
病院で注射をしても、あまりいたくない場合と痛い場合とあるように、施術者によって痛みがかなり違うようですね。
エステなど医療機関でないところでは、業者の実績、施術を行うオペレーターの技術をキチンと調べる必要があるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です